バックテスト(表示中の銘柄)

Pocket

今回は前回のプログラムを少し修正して、ゴールデンクロスとデッドクロスを使った売買のバックテストプログラムを作ります。ソースの中で読んでいる関数($cross_judge)は自作の関数なので、前の記事を読んでそれを先に作成して検証しないと動かないので注意してください。


EasyLanguage側でショウミーを新規作成(名前は、”$cross_judge_back_test”して、以下のコードを入力してください。インジケーターでもいいのですが、売買のポイントをチャートにプロットするのであればショウミーで作った方が簡単です。

プログラムを簡単に説明すると、ゴールデンクロスを検出するとその日の終値で100株買って、デッドクロスを検出するとその日の終値ですべて売ります。Plot1が赤い点でPlot2が青い点の描画です。プログラムを簡単にするために100株固定にしています。

日足チャートに適用して、13日と26日の移動平均線と一緒に描画すると以下のような結果になります。トヨタに対して適用しています。

トヨタのバックテストの結果

やはりマイナス収支になってしまいました。。赤い点が買いポイントで青い点が売りポイントです。両方よくないですが、売りポイントの方がより悪いようです。

結果は兎も角、バックテストが実行できました。今回のソースはここからダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です